いま地球に、
いま人類に、
必要な魚を。

scroll

mission

”タンパク質クライシス”を始めとする食料問題や
衰退する日本の水産業の課題解決に残された時間は多くありません。
その突破口が我々のコア技術「ゲノム編集」。

ゲノム編集とは自然に起こる進化を先取る技術。
起こしたい進化を担うDNAを狙って刺激を与え、
自然の回復力でその進化を起こします。
この技術の価値はスピード。
自然界や品種改良で長い時間をかけて起こった進化を、”早く”起こせるのです。

私たちはこのゲノム編集技術と、IoTなどを駆使した養殖環境によって、
日本の養殖業を高付加価値化し、サステナブルな成長産業に変えます。
そして日本の漁業が世界の課題であるタンパク質クライシスを
“早く”解決する。そんな未来を創るのが私たちの使命です。

タンパク質クライシス

調査によると、2030年にはタンパク質の需要が供給を上回り、2050年には現在の約2倍のタンパク質が必要とされます。良質な水産物由来のタンパク質食を供給するために、より効率的な水産養殖が求められています。

タンパク質の需要が供給を上回るタンパク質クライシス
魚は良質で効率的なタンパク源

衰退する日本の水産業

日本の水産従事者人口は、この30年で45万人→15万人に減少し、かつては世界1位を誇った生産量は今では8位に落ち込んでいます。日本の水産業の再興・漁村の地域活性に貢献できる水産業のあり方が必要です。

養殖を中心に成長する世界の漁業
対照的に日本の漁業は衰退の一途

technology

欠失型ゲノム編集。
待つ品種改良から、
起こす品種改良へ。

DNAを狙って刺激を与え、その自然の回復力で自然な変異が起きる欠失型ゲノム編集は、
これまで品種改良で長い時間をかけて行われてきたプロセスを高速で再現するための技術です。

  • 品種改良の歴史は農耕・畜産が1万年に対して水産はわずか50年。水産養殖の技術革新が求められています。

  • 欠失型ゲノム編集なら、品種改良プロセスを30年から2-3年にまで短縮することが可能に。

  • 欠失型ゲノム編集は、遺伝子を外から注入する遺伝子組み換えと違って、自然な変異を促すプロセスです。

欠失型ゲノム編集

スマート陸上養殖。
新しい養殖のかたちをつくる。

高速品種改良によって生まれたマーケットで価値がある魚を
サステナブルに陸上養殖できるモデルを開発しています。

  • 温度や光といった養殖環境を、AIやIoTなど最新テクノロジーで最適化。

  • クリーンエネルギーや、廃棄有機窒素の活用など、環境負荷の低いエコシステムを構築。

  • 24時間365日自動管理で、人的コストを大幅カットし、水産養殖を省力化。

スマート陸上養殖

service

種苗、養殖方法、食品。
リージョナルフィッシュが培った最先端の養殖を、
様々なかたちでご提供します。

  • ゲノム編集技術等を活用した新品種の開発を行い、種苗の生産・販売。

  • AI/IoTにより省力化・自動化を図ったスマート養殖の確立とフランチャイズ展開。

  • 自社での養殖および販売。ゲノム編集食品のプロデュース。

projects

profile

会社概要

社名 リージョナルフィッシュ株式会社
本社 〒606-8501
京都府京都市左京区吉田本町36番地1 
京都大学国際科学イノベーション棟
代表者 梅川 忠典
設立 2019年4月10日
資本金 2億8,460万円
従業員数 15名
マネジメント 代表取締役社長/CEO 梅川忠典
取締役CTO 木下政人
社外取締役 伊藤毅
社外監査役 永井宏忠
科学技術顧問 家戸敬太郎
科学技術顧問 吉浦康寿

メンバー

CEO
梅川 忠典

共同創業者。日本経済の発展への貢献を志し、デロイトトーマツコンサルティングにて経営コンサルに従事後、産業革新機構にてPE投資・経営支援に従事。京大院卒。

CTO
木下 政人

共同創業者。京都大学農学研究科 助教として国内のゲノム編集プロジェクトに多数関与。魚類のゲノム編集育種における第一人者。京大院卒(農学博士)。

COO
石本 俊輔facebook

丸紅にて水産物・水産飼料の販売に従事。その後、国内・東南アジアにおいて食品・小売事業の事業開発を社内外から主導・支援してきた実績を持つ。東大卒、MBA。

研究開発部長
岸本 謙太

京都大学農学研究科 博士研究員として、魚類のゲノム編集育種に黎明期から従事しており、当社設立前からプロジェクトに参画。京大院卒(農学博士)。

主任研究員
荻野 哲也

京都大学農学研究科 博士研究員として、甲殻類・無脊椎動物のゲノム編集育種を専門としており、当社設立前からプロジェクトに参画。京大院卒(農学博士)。

主任研究員
小林健司

国内外の大学・研究所にて、水生無脊椎動物を用いた発生生物学の研究・教育に従事。胚操作、顕微注入法、トランスクリプトーム解析に精通。東工大院卒(理学博士)。

研究員
古場 玲

京都大学理学研究科にて細胞生物学の研究に従事。多様な生物の扱いや生化学的解析を実施してきた実績があり、物質代謝や遺伝子発現分野に精通。京大院卒(理学博士)。

飼育系研究員
大濱 光希

近畿大学水産研究所 白浜実験場にて、ゲノム編集マダイの作出および養殖実務に従事し、生育方法を確立した実績を持つ。近大院卒(水産学修士)。

社外取締役
伊藤 毅

ジャフコにて多くの大学発技術シーズの事業化支援・投資活動をリードし、Spiber、CYBERDYNE、マイクロ波化学等に投資。Beyond Next Venturesを創業。

社外監査役
永井 宏忠

厚生労働省にて食品安全行政に従事した経験を持ち、在籍中に産業革新機構へ出向しベンチャー投資に従事。多数の医療系ベンチャー企業の社外取締役を歴任。

外部提携

技術提携

  • 京都大学
  • 近畿大学
  • 神奈川大学
  • 国立遺伝学研究所

資本/業務提携

  • 株式会社荏原製作所
  • 宇部興産株式会社
  • NTT
  • NTT東日本
  • Docomo
  • Dentsu

外部認定

  • J-Startup Kansai

news

contact

御質問や、協業・取材に関する
お問い合わせはこちら。

お問い合わせ

recruit

新しい水産養殖の確立を目指し、
テクノロジーとバイオロジーの力で
切り開く仲間を募集しています。